二世代が気遣いなく暮らせる「和みの家」

浜松市 I邸
在来工法 木造平屋建て住宅

高齢のご両親と同居のため、「気を遣わずに気を配れる家を」とのご要望で、コの字型の家屋になりました。

中央には共用スペースとしてウッドデッキを配しています。

段差の低い玄関 高い天井から柔らかな明かりが射し込む 上から見るとコの字型になっています